読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィギュアヘッズ黙示録

フィギュアヘッズ関連記事

フィギュアヘッズ兵科各論 ヘヴィアサルト編

 

  • ガトリングガンとツイン式のホーミングミサイルを持ち、実弾と爆熱両方で最大の総合火力を誇る
  • 実弾攻撃と新属性である光学攻撃にも耐性を持つが、爆熱には滅法弱い
  • 鈍足故に先を読んだ位置取りが重要になる

自機としての運用

弾切れ知らずの実弾兵器ガトリングガンと、1マガジン最大火力の爆熱武器ツインホーミングミサイルを兼ね備え、光学・実弾に対して無比の硬さを誇る装甲を備えた要塞。

と書くと最強そうに見えるし、実質環境トップ候補の兵科でもあるが、一方で爆熱武器にはめっぽう弱く、ロケラン持ちのASに詰め寄られたり、STの砲撃に目をつけられると脚の遅さもあいまって振り切るのは難しい。対実弾・光学性能にしても、分隊単位で固め撃ちを喰らえばそう長く保つものでもないので、一層退路を意識した立ち回りが必要になる兵科である。

また、ガトリングの射程も集弾率と相俟って数字よりも短く感じることだろう。僚機を駆使して自分の得意な間合いに持ち込もう。
 
ちなみに、格闘武装は軽量<中量<重量の順でダメージボーナスが乗る仕様になっている。重量級による一撃は非常に強力なので、試してみると良いだろう。
 
装備例
ガトリングガン/ツインホーミングミサイル/アクセラレーター
実弾爆熱、両方をめいっぱい積み込んだ構成。ガト、ホミサともに重めの重量設定なので、ちょっとでも火力を欲張りだすとあっという間に重量ボーナスがマイナスまでぶっちぎれる、まさにヘヴィ級の選択肢になる。
元が鈍足ということもあり、スポーツ装甲の選択肢が狭い序盤は、いっそ重量ボーナスを-3まで捨て去り、ノーマル装甲と高火力武器で固めてみた方が活躍は見込めるかもしれない。その場合、最低限の逃げ足をアクセラレータで確保する*1形になるが、旋回性能は補えないので後ろからの攻撃に注意しよう。ガトリングは弾切れの概念がないので、サプライキットを切り捨ててエンジニアを従えると逃げ道を常に確認しながら戦えるのでオススメ。

ガトリングガン/ハンドガン/オートリペア
ガトリングガン一丁で戦う高機動型。オートリペアを積めば弾薬・体力回復ともにキットに頼らない自立型としても行動可能。もちろん分隊と相談してグレネードを積んだり、アクセラレーターで最速HVを目指すのもアリ。

以上の2つを重量高火力/軽量高機動の両端として、ホーミングミサイルをシングルタイプで妥協してみたり、EMPグレで攻め手と退却の時間稼ぎをしてみたりと、自分だけの装備を考えてみよう。
 

僚機としての運用

僚機のメイン・サブ武装切り替えはそれなりに煩雑な上、HVサブ武器のウリであるツインホミサは、僚機では壁越しロック等の本来の性能を発揮できない。ガトリング一本に絞って良いだろう。
強烈な反動をものともしない僚機エイミングによるガトリングの掃射は非常に強力。重要拠点にカバーさせるなり、自機の機動力で相手の裏に回り込んでリスポン召喚することでHV単体では難しい裏どりで敵を一掃するなり、プレイヤーの腕次第で大きな脅威となる。
特殊装備には各種ミニロケットがオススメとなる。同業対決を挑んできた敵HVを一瞬で溶かす火力は圧巻。逆に敵の僚機HVに対しては、僚機なりでミニロケを吐かせてから対応すれば安全だろう。
 
ただ、ロケラン、グレネード、ホーミングミサイルへの脆弱性は自機以上。特にホーミングミサイルを積んでいる敵からしてみれば、戦闘中のついでのように処理できてしまうので注意しよう。

*1:クイックスライドでは?と思ったあなた、大正解である。現環境ではクイックスライド一択だが、宗教上の理由(ゲームの雰囲気が壊れるのできらい)から本文中での紹介はしていない